サードアイの考えるデザインワークとは、伝えたい気持ちやヴィジョンを具体的な形で表現<視覚化>し、コミュニケーションする事です。『これでいいのか?』と今あるものに疑問を抱き、『こうなのでは?』と目標を導きだす。その目標に対して『何ができるのか?』と表現をカタチにしていく。そのためには常に、あらゆる対象への興味・関心を養いつつ、方法論やスタイルを固定せずに制作の模索を続けていく事だと考えます。 「第三の目(サードアイ)」=固定観念に縛られず、物事を多方面から見る事を基本姿勢に、最適なアイデアと表現方法で、幅広いコミュニケーションの実現を目指しています。
Copyright(C) THIRDEYE All Rights Reserved.